新宿駅東口より1分・
新宿三丁目駅B6出口直結の歯医者 
医療法人 誓栄会 
千賀デンタルクリニック新宿駅東口医院

年中無休(診療時間 10:00-20:00)TEL.03-6709-9580

初診WEB予約 初診WEB予約

歯ぎしり

歯ぎしりについて

歯ぎしりについて

歯ぎしりとは

歯ぎしりは、寝ている時に上下の歯をこすり合わせる習癖で、その音が同室の睡眠同伴者(スリープパートナー)の睡眠の妨げとなることもあります。また、寝ている時には、歯ぎしりだけでなく、音を鳴らさずに咬みしめる癖のある人もいます。

専門的には,これらの寝ている時の習癖を睡眠時ブラキシズムと呼んでいます。また、最近は日中の起きている時間帯にも無意識に歯を合わせて咬みしめている人がいて、覚醒時ブラキシズムと呼んでいます。

これらの非機能的な顎の動きであるブラキシズムは、歯のすり減り、歯周病、歯がしみる知覚過敏、歯の被せた冠の脱離や破損、歯や歯の根の破折、咀嚼筋や顎関節への負荷による顎関節症、頭痛など、歯科領域における多くの障害に関与するリスクファクターと考えられています。

歯ぎしりが起こる原因は?

  • ストレス
  • 睡眠障害
  • 悪い噛み合わせ(不正咬合)
  • 悪い歯並び
  • 歯が抜けたまま放置する(歯の欠損)
  • 疲労
  • うつぶせ寝、横向き寝

歯ぎしりの二次障害

歯ぎしりの二次障害

歯ぎしりをそのまま放置すると、
起こる二次障害

歯への障害

  • 歯の咬み合わせの面が削れる、これを咬耗(こうもう)といいます
  • 知覚過敏を起こしやすい
  • 被せ物・詰め物の脱離・破損
  • 歯牙破折・歯根破折

歯の周りの組織への影響

  • 歯がグラグラする
  • 歯や歯ぐきに違和感や痛みを感じる

顎関節への障害

  • 顎関節症(がくかんせつしょう)になる
  • 肩こりや首こりや頭痛を発症する、さらには腰痛までおこす
  • 視力の低下など

歯ぎしりのセルフチェック

歯ぎしりのセルフチェック
  1. 日中、集中している時に上下の歯を当てたり、歯を食いしばっていることがある
  2. 朝起きた時に顎や頬の筋肉が張っている(こっている)ことがある
  3. 頬や舌に歯を押し付けた跡が残っている
  4. 歯ぎしりしていると近親者に言われたことがある
  5. 歯がすり減って短くなってきている
  6. 歯の根元が削れている
  7. 下の歯の内側や上の歯の頬側、上顎の真ん中に骨のコブがある
  8. 詰め物がよく取れたり、割れたりする
  9. 知覚過敏の歯が多い
  10. 歯に亀裂が多く見える

歯ぎしりの主な種類

歯のこすり合わせ:
グラインディング

グラインディングとは、口腔内に食物等がない状態で、上下額の歯を強くこすり合わせる運動を指します。ブラキシズムの一種であり、無意識に行われる口腔習癖です。歯ぎしりと呼ばれることもあります。

グラインディングは、歯や顎関節に多大な圧力がかかるため、様々な病態を引き起こす原因にもなります。

歯のこすり合わせ:グラインディングの症状は?

歯の噛みしめ:クレンチング

強いストレスや緊張感があると、無意識に歯を食いしばってしまいがちです。
精神的要因が原因の場合は眠っている間にも歯を食いしばっているため、朝起きたときに歯痛や頭痛が起こることもあります。

起こりうる症状

歯の削れや欠けたりグラグラする・歯周病・知覚過敏・顎関節症・顔面痛・頭痛・肩こり・腕のしびれ・腰痛・倦怠感・難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調・冷え性・低体温・イライラする など

歯の噛みしめ:クレンチングの症状は?

歯を鳴らす:タッピング

タッピングは、上下の歯をかちかちかちと噛み合わせるもので、比較的頻度の少ないタイプの歯ぎしりです。
寒くて震えている時のような状態で、歯を小刻みにぶつけ(タッピング)小さな音を出します。

歯を鳴らす:タッピングの症状は?

歯ぎしり治療について

歯ぎしり治療について

歯ぎしりに対して行う治療

歯列全体を覆うプラスチック製またはシリコン製のマウスピース(スリープスプリント・ナイトガード)は、現在,世界的に最も標準的に使用されているブラキシズム治療法です。マウスピースを使用してもブラキシズムを抑制できない場合もありますが、歯や顎関節などの組織を保護する効果が期待されます。

スプリント使用に際しては、長期間の使用でスプリントがすり減ったり、スプリントを外した時の咬み合わせが変化する可能性があるため、必要最小限の使用とし、長期継続の場合は必ず定期検査を行うようにしています。
※咬み合わせの異常がブラキシズムの直接的な原因になっていると判断できないので、現在ではブラキシズムを改善する目的のためだけで歯を削って調整する治療は行いません。

しかし、一部の歯にだけ大きな力が加わり、歯周病などに悪影響を及ぼすと判断された場合には、過剰な力が加わらないように噛み合わせを調整するなどの対策をとることもあります。

歯ぎしり治療の流れ

  1. マウスピース制作の為の型どり
  2. マウスピースの受け渡し、使用説明
  3. 数週間後、経過確認